令和2年度実施予定(注:SP:模擬患者)
IPE 内 容 参加学部 名城大学参加学生
名古屋大学医学部ポリクリIPE
(令和2年5月29日~11月20日の13回開催)

1回3時間(2コマ)のプログラム
入院した認知症患者の家族(SP)に対して、学部ごとで学生がインタビューする。患者の問題点をグループごとで話し合って、家族に対して退院指導計画を作成し、患者に説明する。
医学部・看護学部・薬学部 約60名(5年生)
(5年生の正規科目)
名古屋大学特別講義IPE
(令和2年11月30日)
延べ7.5時間(5コマ)のプログラム
チーム医療に関する講義を受講後、肺がん患者(SP)の患者の問題点をグループごとで話し合って、退院指導計画を作成し、患者に説明する。
医学部・看護学部・薬学部・理学療法科・作業療法科 6名(5年生)
(5年生の正規科目)
名古屋・名城糖尿病IPE
(令和2年9月19日、10月24日)

2日間(6コマ)のプログラム
多職種の医療系学生の企画・運営による患者参加型糖尿病教室を実施する予定。WEB CAMPUSを使用したプログラムです。
医学部・看護学部・薬学部・栄養学部 2名(5年生)
(5年生の正規科目)⇒今年度はZOOMで実施しました。
藤田医科大学IPE(アセンブリⅢ)
(令和2年6月10、19日)
2日間(6コマ)のプログラム
テーマ「患者のどう生きたいかという願いに思いをめぐらせ、患者の願いにどう寄り添うかを考える」
医学部・薬学部・医療科学部・看護学科・臨床検査学科・放射線学科・リハビリテーション学科・理学療法専攻・作業療法専攻・臨床工学科医療経営情報学科・日本福祉大学福祉学科・愛知学院大学歯学部 約250名(4年生全員)(4年生の正規科目になりました)⇒今年度は名城大学は参加できませんでした。
名古屋大学医学部医学入門・名城大学薬学入門合同IPE
(令和2年10月9、16日)
1日のプログラム
映画や文学を医学教育に利用して、「病いの経験が持つ意味や患者への共感」について、医療人に求められる人間性や社会的責任について学習する。
医学部・薬学部 約200名(1年生)(1年生の正規科目になりました)*⇒今年度は名城大学は参加できませんでした。別途プログラムを実施しました。
藤田保健衛生大学・名城大学初期学生IPE(令和2年10月16日) 1日のプログラム
医療に関する動画を鑑賞して、医療人として求められる人間性や社会的責任について学習する。
医学部・薬学部・看護学科・リハビリテーション学科 約70名(1年生)(1年生の正規科目になりました)*⇒今年度は名城大学は参加できませんでした。別途プログラムを実施しました。